2016年01月24日

スタイル

リオ五輪最終予選 準々決勝に劇的な勝利で逞しさを見せてオリンピック出場へ大手を懸けたU-23日本代表!


日本代表のダイナミックなゴールが印象的でしたが、チャンスはイラの方が多かったと感じます。加えて逆の取り方や細かいテクニックもイランが勝っていたと思います。しかし、目的を結果(リオ五輪出場)と考えれば成功だと思います。


勝利する事とボールを操る事が合致しない場合もあります。育成年代とユース年代で求める事も変わります。また、我々与える側のバランスでもその後が変わると思います。しかしながら、選手は年代に関係なく常に「負けたくない」「上手くなりたい」と考えなければいけません。


我がクラブは足技(テクニック)に拘り、自主性を重んじて活動します。「出合い・目覚め・気付き」を大切に選手と向き合って取り組みたいと考えます。そして選手は「何故か」を理解して向上心を持って積み重ねて下さい。


スタイルや拘りのせいにしてやらなければいけない事から逃げてはいけません。技術収得と戦術理解に徹して欲しいのです。仲良しこよしで良い時と厳しさの中やる時が必要です。ゲームの中で不利を避け有利に進める知恵も求められます。


今日の試合で何をするべきか?準備も含めて勝負です!相手は11人♪
プレースタイルは?(ストロングポイント・ウイークポイント)
能力的にどうか?(何番がキープレーヤー・何番から攻めたい)

出来るだけ早く把握したい。例えばゴールキックはどの位跳ぶのか?自分がマッチアップする選手の特徴は?状況判断を的確にしたい。自陣で行うプレー?相手ゴール前で行うプレー?負けている時にゴール前に運ぶプレー!勝っている時に時計を進めるプレー!

そして、色々な原則原理をぶち壊す個人のひらめき♬第三者を裏切る常識破りのプレー(^^♪
知っているけど使わない事とそれしか知らないのは大違いです。多くを学び、自身の引き出しを増やして驚きの選択をしたい!言ったようにはなず、やったようになるのだから!
posted by FC Enable at 04:07 | 宮城 ☁ | 日記