2016年04月18日

想い

おはようございます。九州地方でおきた大きな地震でたくさんの方が犠牲になりました。
お亡くなりになられた方には心よりお悔やみ申し上げます。また、不便な生活を余儀なくされた方々に心からお見舞い申し上げます。

続く大きな余震でじわじわと被害が拡がる恐怖を想像すると胸が締め付けられます。地滑りや土砂崩れが転々と起こり家屋を住民ごと飲み込む…。どうか、どうか終わりにして下さい。

皆様の不安は計り知れませんが3.11を経験した者として言わせて頂きます。明けない夜はありません!明るい日と書いて明日です♬我々もそうでしたが、仲間が必ず助けてくれます!そして、実感しました。奪い合えば足りないけど、分け合えば余ります!それぞれのペースで構いませんので顔を上げて前に進んで下さい

選手達にはサッカーの出来る喜びをもっともっと感じて貰いたいと思います。それは、出来ない環境に合わせて控える事とは違います。やりたくて出来ない人もいると知り、与えられた環境で懸命に取り組む事だと思います。毎日の積み重ねを100%で行う事です!

試し合いで解かる事があります。ボールは鏡、やって来た事が映されます。勝敗なのか?内容なのか?図る目安はたくさんあります。全て監督である私の責任だと承知です。自己主張を許された中で自身の主張が相応なのか理解しましょう。向こう見ずの大風呂敷は嫌いじゃありませんが出来ない現実が、自分自身とチームに降りかかります。そして、サッカーは集団競技である事も理解する必要があります。「個を活かす為の輪」と「輪を強くする個」バランス良く考えましょう。

クラブは常に選手の味方です。選手の成長を優先します!熱き者の良き伴走者として寄り添い支えその後に繋がる活動を心掛けます!笑顔の増える行いをします!

posted by FC Enable at 10:27 | 宮城 ☁ | 日記