2016年12月30日

言ったようにはならず、やったようになる!

1482996806209.jpg 1482996793676.jpg
おはようございます!2016年クラブ員を快適に運んでくれたEnableバスを掃除しました。青春の垢がたっぷりと詰まったバスをきれいに拭き取り万全な状態で新年を迎える事が出来そうです♪掃除に来てくれた味上大晟君、大友康平君、横田輝樹君お疲れ様!ありがとう♪

クラブの特徴に多くの県外遠征があげられます。2016年もたくさんのクラブ・チームの方々にお世話になりました。試合はもちろん会場手配や設営、弁当や宿の予約と簡単では無い、たくさんの心配りを頂戴しました。全ての想いは選手達の「その後」に寄せられています。そして、その一番の功労者は快く送り出してくれる保護者の皆様であると我々は理解しております。

主体性を持たせたいと常に考えます。育成年代は個人を成長させる事に時間を掛けます。組織を優先すれば緊密な連携が生まれ成果となります。組織とは(2人以上の人々が共通の目標達成をめざしながら分化した役割を担い,統一的な意志のもとに継続している協働動行為の体系)そして、卓越した能力を持つ個人が互いにまとまりを持ったら?より大きく更に高質な成果があげられると思います。ただし、不十分で未熟な年代は期待と不安が常に絡み合います。我々大人は連続ドラマに出演しているかのような様々な事態と対面します。それは我慢と辛抱の連続です。時には限界を超えそうな大きな大きな間違いを起こす事もあるかもしれません。そんな時こそ、落ち着いて信じて望む「信望」が必要だと感じます。

歩み寄る事で風通しが良くなると思います。人間力を高める為に正しいと思える事をしましょう。「進んで担ぐ荷物は軽い」面倒を避けていたら消して行く人生になります。面倒が面白く、めんどくさい事は良い事が詰まっていると考えましょう。自身が輝く為に最優先事項を取り組みましょう!未来を変える今日を生きましょう♪「自分らしく」とは自身の責任を引き受ける事です。性格や行動は自分の選択の積み重ねた結果で確立します。今は徳を積む時期、自分を育てる時期だと理解しましょう。そして感謝しましょう!!

クラブはファミリーです。選手達は家族です!どんな時も彼等彼女等に寄り添い伴走したいと思います。「小さな完成より、大きな未完成!」良いお年をお迎え下さいませ
posted by FC Enable at 04:01 | 宮城 ☀ | 日記