2018年02月05日

現場レベル

20180202_161856.jpg 20180202_155305.jpg
運営管理を市で行っている施設は、とても安価で我々の様な小さな街クラブの強い味方です♪
当然、抽選や細かい使用規約の縛りが有りますが、平等に広く解放してくれます。ただ、利用者が不特定多数である為なのか?管理状況は施設によってまちまちです。

特に冬季は雪や凍結すると、しばらくぐちゃぐちゃ又は使用制限がかかります。もし、施設が民間だったら?街クラブが管理していたら?直ぐに人手を集めて使える状況にするでしょう。しかし現状は、とても職員さん達で常態をキープ出来るような環境ではありません。
20180127_164528-a94bc.jpg 20180127_102739.jpg
そこで法人に運営を任せるという、指定管理システムが有るのですが、仙台のように施設数と利用希望者数のバランスが保てない地域は多くの問題を抱えています。今までに何度もブログやFacebookで訴えて来ましたが、まとめる力が有る団体、牽引力に優れた団体、すなわち良きリーダーがいると変わるのだと思います。雨や雪への素早い対応と、各団体が公平に平等だと実感出来る運営が出来る様に、単独団体に任せるのではなくグループで管理したらどうでしょう?
主役は誰で、誰の為にあるべきなのか…。団体が力と知恵を出し合い「Win・Win」の関係を増やす事が大事です。

posted by FC Enable at 15:00 | 宮城 ☁ | 日記